So-net無料ブログ作成
検索選択

北海道 菊鹿ワイン会 開催の旅①

念願の北海道 札幌にて熊本ワイン(菊鹿ワイン会)開催の為、3泊4日の北海道の旅へ出かけました!今回は熊本ワイン㈱の玉利社長も同行し、各エリアのワイナリーも何軒か見てまわりました。

DSCF3614.JPG

熊本をANA787にて出発!国内線としてはロングフライトになります


a6.jpeg

途中、乗り換えで羽田を経由 ゲートからゲートまで良い運動になります!


DSCF3616.JPG

どうしても見逃せない機内でのショットです!〇ゲの3連発(自分も入れて)前の席の方 申しわけありません!

DSCF3624.JPG
空港からレンタカーを借り、向かうは小樽 途中サービスエリアにて「味噌ラーメン」!

DSCF3629.JPG

DSCF3635.JPG

DSCF3628.JPG

1軒目に訪れたのは北海道ワイン㈱北海道の冷涼な気候にあった白ワイン用ぶどう品種を中心に、様々な品種(ヴァイスブルグンダー、ケルナー、ミュラー・トゥルガウ)などを栽培しています。梅雨や台風の影響が比較的少ない北海道は、夏は湿度が低く、昼夜の寒暖差が激しいのが特徴です。実はこうした気候はヨーロッパ系ぶどうの栽培にとって最適な条件。北海道はヴィニフェラ系(ワイン専用種)ぶどうの日本一の生産地になっています。北海道は北緯42~45度に位置していますが亜寒帯性気候に属していることから、ぶどう栽培の気候区分では「リジョン1」にあたります。これはヨーロッパの北部、北緯49度付近と同じ。ぶどうの栽培にとってはもっとも冷涼なエリアです。

DSCF3634.JPG


この「リジョン1」にはドイツをはじめ、フランス北部のシャンパーニュ地方、フランスとドイツの国境地帯にあるアルザス地方などが含まれます。これらは世界的な銘醸白ワインの産地。こうした産地にならい北海道ワインでは白ワインを主品種に据えています。北海道ワインの白ワイン用ぶどうと赤ワイン用ぶどうの比率は、白が65%、赤が35%ほどだそうです。

DSCF3633.JPG

DSCF3631.JPG

DSCF3632.JPG


北海道ワインがこの地に最初に葡萄造りを始めたのが昭和47年(1972年)のことだそうで。幼少時からぶどうに接してきた山梨県出身の嶌村彰禧(現北海道ワイン会長)は、北海道の気候風土にふれた時「ここなら本物の日本ワインができる」と直感されたそうです。今ではワインコンクール受賞者の常連になってきています。

パート2へ続きます!


コメント(0) 

阿蘇 オーダーシャツの店「La ZONE」パート2

DSCF3601.JPG

阿蘇神社の近くにあるオーダーシャツの店「La ZONE」さんに初めて訪れたのは今年の夏でした!その時、店主の吉田さんは秋にフランスへ生地を買い付けに行くので、またその頃に来てくださいという事で、先日再訪問!ちょっと普段着では派手な柄でも「あたり障りのある」ワインバーの店主が着るには、ぴったりだと自分では思っています。

DSCF3600.JPG

体型が標準ではないのでオーダーは理想的です!いろんな部位を(肉の厚みも)入念に吉田さんに測っていただいております。今回、手作りの蝶ネクタイも調達しました。

DSCF3602.JPG

企画・デザイン・パターンメイク・裁断・縫製から販売まで手がけるオーナーの吉田義貴さん。TRAILERは理想的なシャツを作りだす為に2010年にスタートしたシャツメーカーで、その直営店「La ZONE」は最初 熊本市河原町にてオープンして、今年3月に熊本県阿蘇市一の宮町宮地に移転し新たにOPENしています。フレンチリネン・フレンチコットン・アフリカンバティック・国産オーガニックコットン・播州織り等からなるシャツは着心地を意識し、普段着として”使いやすい”をコンセプトにスタンダードでありながら一工夫あるデザインを心がけられています。

La ZONE
3185, Miyaji, Ichinomiya-cho, Aso-city,
Kumamoto 869-2612, Japan
http://www.trailer-sh.com/

DSCF3605.JPG

阿蘇はすっかり秋でした!

コメント(1) 

菊鹿ワイン農業体験イベント開催!

sentei11.jpg

菊鹿ワイン用の葡萄畑に皆様をお連れしてのイベント第2弾!、今回は剪定作業を体験していただきました、また貴重な「小伏野」のシャルドネの樹を挿し木して持ち帰っていただく内容も行いました。

当日、菊鹿の畑は晴れわたり少し風は強いものの暑い中、作業開始!剪定の指導は「ナイトハーベスト小伏野」の「平川さん」にも担当していただきました!作業後は畑の横にテーブルを配置しての楽しい飲み会のスタートです!(こちらがメインかも?)畑までの送迎は貸切バスをお願いしてありますので、昼間から思う存分ワインを楽しめます!
おつまみは ビストロ・アヴァン・プルミエさんに担当していただきました。

次回の菊鹿ワインイベント
11月30日(月)午後7時30分より ANAクラウンプラザニュースカイにて
東京より「森上久生ソムリエ」を招聘して地産地消の日本料理と熊本ワインの会を開催
残り席数は少なくなってきておりますので参加ご希望の方はお早めに!
詳細はこちら http://www.ne.jp/asahi/wine/tanaka/TOP/newsky.pdf

sentei3.jpgsentei2.jpg
sentei6.jpgsentei5.jpg
sentei7.jpgsentei10.jpg
sentei9.jpgsentei.jpg
sentei8.jpg



コメント(0)