So-net無料ブログ作成

シャトー・ムートン・ロートシルト 2013年 ヴィンテージのラベルは

etiquette.jpg
毎年、異なる芸術家がラベルを描くことで知られるボルドーのシャトー・ムートン・ロートシルト。2013ヴィンテージのラベルは、韓国人芸術家で日本を拠点に世界的に活躍するリー・ウーファン氏が描きました。

1936年生まれのウーファン氏は、1950年代から日本に移住し、現代芸術に大きな影響を及ぼし、シンプルな形状の自然の素材を好み、今回のラベルには、簡素な四角形が描かれている。「紫の色は、ぼんやりとした色から始まり、次第に深い色合いになっていく。まるでグラン・ヴァンが醸造所で、長い時間の中で忍耐強く変化していくようだ」と、シャトー・ムートン・ロートシルトはそのコミュニケの中で述べている。SOPEXA JAPON の記事より

シャトー・ムートン・ロートシルトなど当店では、とてもとても扱えないワインになっておりますが、グラン・ヴァンとしての風格と憧れは強く持っております。ムートンのオフィシャルサイトを見ていると思わず「ボルドー」に行きたくなります。

mouton.png

コメント(0) 

上通りにある素敵な ワインショップ T-LAB

lab10.jpeg
上通町の井上ビル2階に今年の8月オープンしたワインショップT-LAB(ティーラボ)さん
ソムリエールの仲田晃子さんのお店です!

lab4.jpg
仲田さんは「ポム・ド・テール」という飲食店を長年やられておりますが、同じ場所の奥に新たに、なかなか素敵な「ワインショップ」をOPEN!店内には所狭しとワインが並んでいて、見ていて飽きません。

lab3.jpeg
チーズやおつまみ類の品揃えも豊富でワインのお供に、いろいろと選べます。


lab6.jpeglab2.jpeg

lab8.jpeg
また、このお店が素敵なのは横に飲める場所(角打ち)が併設されています、ショップ側から見ると、ちょっとくぐって1杯飲みたくなる感じがします。

T-LAB
TEL 096-327-9171
熊本市中央区上通町4-18 井上ビル2階(オークス通り)
お昼12時から オープン

lab7.jpeglab9.jpeg
コメント(0) 

菊鹿ワイン ぶどう農家の方々との ワイン勉強会開催!

DSCF3566.JPG

熊本産の菊鹿ワインの元となる「葡萄」はすべて契約葡萄農家の方々が育てた葡萄で造られています!外国のワイナリーでよく見かける自社の畑で育てた葡萄ではなく、農家さんに頼んでの葡萄です、日本のワイナリーではこういうスタイルが大半だと思います。それだけに農家さんは「葡萄」だけではなく「ワイン」というもの自体を理解していただく事が、とても重要になってきます!菊鹿ワインがより美味しくなる為の勉強会を開かせていただきました。

DSCF3564.JPG
会場の「あんずの丘」へ向かう途中、2018年にオープン予定の新ワイナリーが建設される場所が、遠くに見えてきます!

kikka3.JPG
今回の講師役は「熊本ワイン公認?勝手に応援団長」のソムリエタナカが担当させていただきました!

kikka6.JPG
最初に少々意地悪な事を考え、大分県の安心院、宮崎県の都農、カリフォルニア、長野県の北信、それに菊鹿を入れた5銘柄、すべてシャルドネの葡萄で造ったワインをブラインドでのテイスティング、皆さんが育てた葡萄から造ったワインを当ててみてください!何とも挑戦的!

kikka1.JPG
その時、皆さん真剣な表情で味わっておられました、なかなかこれだけの同じ品種の違う産地を飲み比べる機会は今までになかったみたいです。

kikka2.JPG
しかし、このテイスティングの目的は銘柄を言い当てることより、同じ「シャルドネ」で造ったワインでも、味の違いがある事を体験していただく事が目的です、普段 皆さんがよく飲まれるお酒は「焼酎」や「ビール」でしょうが、「葡萄 ありき」のワイン造り、これからはワインのことをもっと理解していただく必要があります。

kikka9.JPG
今回は醸造家の幸山さんから貴重なサンプルを2点提供していただきました、小伏野の畑で育ったシャルドネの樹齢2年若木と16年との飲み比べです、若木の葡萄から造ったワインは青っぽさが出ていて味わいが軽く未完成!大変貴重な体験です。

DSCF3569.JPG
皆さんで集合写真、現在は契約葡萄農家さんは全部で28軒 これからも良い葡萄を育ててください!!
コメント(0) 

おすすめ! イタリアン

casino1.jpeg
熊本の街中に「おすすめのイタリアン」が1軒、ひっそりと産声を上げました。店名は
「IL CASINO」イル・カジーノです。場所は市役所の裏あたり!

casino3.jpeg
オーナーシェフは熊本生まれ 約15年間、東京のレストランを何軒か渡り歩いた「別城 健太郎さん」素材にこだわりを持つ かなり「マニアック」な方ですが、カウンター8席のみの 店内でシェフと向き合いながら美味しい料理を提供していただける、今おすすめのイタリアンです!

casino2.jpeg
まずは「泡」からスタート!


casino6.jpg
21種ものハーブが入ったサラダです!


casino5.jpeg
ボルチーニ茸に生ハム&パルミジャーノ 旨い!


casino7.jpg
ここに来たら是非手打ちパスタを食べてください!イカ墨パスタとイカが入った逸品です!


casino8.jpeg
メインは鹿児島産の幸福豚の炭火焼き、脂も甘く ジューシー!!


casino9.jpg
店奥の黒板に書かれたメニューですが、ここは目の前にシェフがおりますので、おすすめを聞きながら ご注文を!
casino10.jpeg


IL CASINO
〒860-0808
熊本市中央区手取本町3-7
TEL 096-355-8305
営業時間 午後3時より
コメント(0) 

マリアージュの達人 森上久生ソムリエを招聘

moto3.jpg
熊本ワイン主催  地産地消の日本料理との ワイン会 開催

菊鹿ワインをはじめ 注目を集める「熊本ワイン」がデビューしてから16年が経過しました
現在 いろんなブドウ品種や造り方の違いにより さまざまなワインを生み出しています
それぞれの個性と味の違いがどこにあり 料理に合わせるなら何が合うのか
この疑問に答えを出したく 国際ソムリエ(A.S.I.)の資格を持ち 第一線で活躍する
森上久生ソムリエを招聘し 熊本ワインと日本料理の相性を探ります
ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイの日本料理 戸澤清水調理長の地産地消の
地元食材を折り込んでの料理とともに 熊本ワインを楽しんでいただける会です
熊本ワイン㈱からは醸造責任者である幸山賢一も参加 ワインの解説を行います

●日 時:2015年11月30日(月)午後7時30分~ (受付開始)午後7時

●会 費:お1人様 ¥12,000(税、サ込)

●場 所:ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ 25Fブランミュール
    〒 860-8575 熊本市中央区東阿弥陀寺町2 Tel 096-354-2111

詳細および申し込み方法は下記のサイトをご覧ください
http://www.ne.jp/asahi/wine/tanaka/TOP/newsky.pdf

森上 久生(もりがみ・ひさお) 1968年生まれ 大分県佐伯市出身
1992年浅草ビューホテルからスタート、2000年に資生堂パーラー本店のシェフソムリエを経て、2007年にレストランサンパウや2011年にベージュ・アラン デュカス東京のシェフソムリエを歴任し、 2013年5月に独立。各地でのイベントオファーやワイン王国での主力テイスターとして活動中。2015年 I・K・U青山のエグゼクティヴソムリエに就任。
2013年 第一回国際ソムリエ協会主催 ソムリエデュプロマ
ワイン王国 新シリーズ201年から2015年 ”和とワイン”のコラム 連載を担当。  
藤田観光主催 日本で飲もう最高のワイン 審査員、 ジャパンワインチャレンジ(リーンシェリフ氏MWやミシェルベタンヌ氏が中核となる)共に2008年から毎年審査員として携わる。

hotel.jpg
ACPH_kumamoto_plum.png
hotel2.jpg
コメント(0)