So-net無料ブログ作成
検索選択

デザートワイン 周五郎のヴァン

shugorou.jpg

当店ではオープン当初から、必ずグラスワインメニューの中に1本「デザート系」の極甘口ワインを入れるようにしておりますが、通常「貴腐ワイン」を出している場合が多くフランスボルドー産の「ソーテルヌ」がメインで、たまーにですがハンガリー産のトカイワインの時もあります。今回このポジションにマディラタイプの酒精強化ワインが登場しております。

山梨県の中央葡萄酒が造る「周五郎のヴァン」です。8月8日開催のグレイスワインメーカーズディナー開催に向け、中央葡萄酒を強烈アピールしております!
作家 山本周五郎氏が生前愛飲し、絶讃した甘口ワイン。数年に亘る樽熟成により醸し出される深い味わいが特徴です。デザートやブルーチーズなどに良く合います。
山梨県穂坂産のマスカットベーリーAと甲州種から造ったワインにフランス コニャック地方(ブランデー)を加えたマディラタイプ(酒精強化ワイン)です、樽熟成4年以上(ソレラシステム)アルコール度数は少し強めの16% 、酒質は極甘口

縁にオレンジ色を帯びたガーネット色、落ち着いた色調。香りのボリュームは大きく、複雑で、干しイチヂク、レーズン、ドライフラワー、ビターチョコレートなど熟成香が混然と立ち上がる。まろやかな口当たり香りの印象のままコクのある甘口の味わいへと続き、芳醇な香りと長い余韻を楽しめます。提供温度は高い方が芳醇さと甘味を感じやすいですが、少しでもさっぱり感を出すために、冷やしてお出ししております。

グラス1杯 ¥1.300

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。