So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

オレンジワイン!?

orenge.jpg

新しい味わいで今話題のオレンジワイン。フルーツの「オレンジ」で作っているワインではありません。白ワインを造る際に、ブドウの皮を長時間漬け込むことで、皮の内側につまった香りや旨味などの成分が抽出されてブドウの個性が際立つワインになるんです。

オレンジワインの製造方法は大まかに2つに分けられます。一つ目は、古来より行われてきた方法で、開放槽でワインを造る際にブドウの皮を一緒に漬け込み、酸化を促しながら醸す方法。 もう一つが、発酵の途中で空気に触れないよう密閉して醸造し、スキン・コンタクトをしてジューシーかつ複雑なスタイルを保つ方法。これら2つの製造法により造られるオレンジワインは、色合いや味わいがバラエティに富んでいて、非常に個性豊かなんです。※スキン・コンタクトとはブドウの皮を果汁に漬け込み、果皮の成分を抽出する方法。

L1652109.jpg

今回、紹介するワインは品質重視のクリーン系ナチュラルワインのシャラウリ・ワイン・セラーズ。ジョージア(旧ソ連:グルジア)東部に位置するカヘティ地方、シャラウリ村に設立。ソビエト連邦からの独立後、急速に成長を遂げました。現在、盛んに国際品種も栽培され、ステンレスタンクを用いた近代的なワイン造りを行う大手から、シャラウリのようなブティックワイナリーまで大小様々な造り手が凌ぎを削っています。様々な果実や花々の香しいアロマを持ち、アーモンドやドライフルーツの香ばしい風味が伴います。軽やかなタンニンで、ふくよかでバランスの良いアンバーワイン(オレンジワイン)です。天然酵母にて果皮ごとクヴェヴリ醗酵、マセレーション約6週間(マロラクティック醗酵)熟成:クヴェヴリにて果皮と共に6カ月、その後果皮を取り除いて更に6カ月、瓶熟:18カ月

1812_009.jpg

熟成に使用されるクヴェヴリは、ジョージアの土を使いクヴェヴリ職人が窯で焼き上げた素焼きの壺です。

1811_006.jpg

埋まった状態のクヴェヴリ


1812_07.jpg

クヴェヴリの中でのワインの状態


ジョージア固有品種を自然農法で栽培し、醸造所の地下に埋めた29のクヴェヴリ内で天然酵母を利用し、ブドウを自然醗酵させます。可能な限り人的介入を避け、醗酵後はクヴェヴリにて醸し(6カ月)、さらに種・果皮・酵母の残りかす等の固形物(チャチャ)を取り除いてから、再びクヴェヴリにて熟成(6カ月)を施し、フィルターを使わずボトリングを行います。そして、更に最低1年間の瓶熟を行うという贅沢な仕様です。(安定化の為にSO2はボトリング前に最小限使用)

グラスワイン1杯¥1.300 提供中
コメント(0) 

バレンタイン[ハート]チョコレート

フランス、パリより仕入れてきました!


27356320.jpg

バケット!?マグネットではありません、チョコレートです!


27709457.jpg


27500517.jpg


27500916.jpg


27500936.jpg

産地別


27503562.jpg


2736838.jpg


2736855.jpg

ミニチョコ64枚入り


現在「Wine Gift Tanaka」 にて発売中です!
営業時間13:00~22:00
12日(月)も休まず営業します
[電話]096-245-7683
コメント(0) 

フランスおつまみフェア開催中!

menufrance_000062.jpg


フランスから食材を調達してきたものをメニューで提供中です、イチオシは「バター」です、本場フランスの最上級の味わいを是非堪能してください、またチーズ「ブリアサヴァラン」にハチミツとコンフィチュールの組み合わせも絶品です!
コメント(0) 

パリ16区 レストラン「PAGE」

DSCF4687.JPG


凱旋門に近いパリ16区にある、「Restaurant PAGES」と「Bar a Vin 116」の
オーナーシェフ手島竜司さんは熊本の出身であり、熊本市の「親善大使」も務めておられます。今回フランスを訪れる目的のひとつが彼のお店へ行きたいとの思いがありました。

DSCF4714.JPG


26歳のときに渡仏され、名店でキャリアを積んだのち、2014年に「PAGES」をオープン、わずか一年半で一つ星を獲得という快挙を果たしていますので、何だかカッコイイ部分だけが目立ってしまいますが異国の地で店を持つとは大変な事だったと思います。熊本に彼がいる時は面識はあったものの親しくお話した事はなかったのですが、今回忙しい合間の中でいろいろとお話しをさせていただいて、手島さんが持つ人間的な魅力を強く感じました。

DSCF4722.JPG


「PAGES」のお料理を語るにはあと数回以上来店しないと失礼かと思いますが、これはあくまでも個人的な意見ですが日本人が作る「旨味」を感じ、フランス人が作るフランス料理にはない「食感」が演出されているように思いました。

DSCF4688.JPG


DSCF4691.JPG


DSCF4702.JPG


DSCF4694.JPG


DSCF4698.JPG


DSCF4710.JPG


DSCF4717.JPG


DSCF4716.JPG


キッチンとホールには多くのスタッフが働いておりますが、オープンキッチンである店の造りから逃げ場がなくスタッフ間のやり取りなど見えてしまいますが、うまく連携と調和が取れており、当日も満席の中「活気」に満ち溢れた店内でした。

DSCF4708.JPG


DSCF4701.JPG


DSCF4720.JPG

「PAGES」はオーストラリアのシドニーへの出店や、JALの国際線ファーストクラスの機内食の監修など、これからもいろんな展開がありそうで、パワーにみなぎり乗りに乗ったシェフです、大いに期待しております。

DSCF4719.JPG


Restaurant Pages
4 rue Auguste Vacquerie - 75116 Paris
+33 (0)1 47 20 74 94 - contact@restaurantpages.fr
http://www.restaurantpages.fr/?language=jp
コメント(0) 

滞在70時間の旅(後編)

DSCF4673.JPG

今回より「Wine Gift」部門の仕入れが加わり、雑貨およびチョコレートなどの食品関係を探し求めて行くわけですがネットや雑誌などから事前調査を行い、地下鉄と歩きでの移動となりますが、観光名所的なところも素通りしながら目的地へ向かいます。

DSCF4671.JPG


フランスはバター、ジャム、ハチミツなど素晴らしい商品が溢れていますが、1898年創業の老舗はちみつ専門店 「メゾン・ドゥ・ミエール」を再訪問!今回もいろいろと味見して セレクトしたハチミツを各フロマージュに添えてワインバーにて提供します。

8B520749-F6DC-43FC-BB85-9478254.jpeg


DSCF4682.JPG


バレンタインデーが近い事もあって「チョコレート」は数は少ないながらも種類を多く、カワイイパッケージのものをギフトショップにて販売!ワインバー用に「アランデュカス」のレモンとオレンジピールのチョコレートを仕入れてきました!

DSCF4680.JPG


7505A9FC.jpeg


j0300550.gif


0F29C221-CC6E-45BA-A7A8-5655BFD6A6E9.jpeg


滞在時間70時間の間に食べれる食事の回数は朝食3回、ランチ2回、ディナー3回 1回たりとも無駄な食事にしたくありません!二晩目の夜は魚介を中心としたフレンチです。ブイヤベースをメインに考え、魚介盛りの「プラトー・ド・フィール・ド・メール」と行きたいところを牡蠣6個に抑え、白ワインは「ミュスカデ」クラスでシンプルに!

02514026-EB49-4764-9021-ADDC753B6FE7.jpeg


C65AD201-8E09-4E7C-9E13-90CA9DEACCC1.jpeg








コメント(0) 

滞在70時間の旅(前編)

DSCF4668.JPG

久々のフランス旅となりましたが、1月中旬頃は気温が低く大体寒い思いをしているのですが、今回は逆転、パリは毎日10度超え熊本の方が寒く感じております。この時期の訪問は仕入れが主になり、ワイン産地などを訪れる時間もなく約3日間を過ごすのですが、それでも中身が濃いだけに弾丸的な感じもないのと、朝・昼・夜と食べる時間の至福のひと時はフランス最高!

F404E5.jpeg

ランチの定番はカフェで食べる「サラダ・ニシソワーズ」ニース風サラダにグラスシャンパン、大体バケットは付いているのでこれでお昼は充分で、夜に備えます。

DSCF4651.JPG


E512FD.jpeg


フランス最強というより、世界でトップクラスの高級食品店「ラ・グランド・エピスリー・ド・パリ」このお店を訪れると、フランスという国がいかに「グルメ」な国であるか認識されます。近年全体的に改装されて綺麗になりましたが、1階の食料品売場は超圧巻!ミネラルウオーターのコーナーだけでも見とれてしまいまいますが、他の食材を見て回るだけで何時間でも過ごせます。個人的にはまず立ち寄りたい場所の一つで、 今回も多くの食品を仕入れてきました!! 多くの皆様が、当然ながらよくご存じのお店だと思います。

8F49DFB5-9EB6-4212-AE79-68E224F80F16.jpeg


946E1E83-B165-4590-84BF-A63A98E73306.jpeg


j0300550.gif


DSCF4666.JPG


パリにあるLe Petit Verdotのオーナーソムリエの石塚さんとはボルドーポイヤックにある
「コルディアン・バージュ」に勤務されていた時からの長ーい お付き合い(怪しい関係⁈ではありません) 今でこそフランスで活躍する日本人は多い中、先駆者のお1人です! この日はもシャンパーニュ、サンセール、ローヌの赤に食後はアルザストリンバックの2000年をいただきました。

DSCF4653.JPG


DSCF4655.JPG


DSCF4657.JPG


DSCF4658.JPG





コメント(0) 

連休します!22日~25日

j0300550.gif


誠に勝手ながら、お正月休みにて1月22日(月)~25日(木)まで連休となります。

◎1月21日(日)は午後9時30分にて閉店します。

◎1月26日(金)は午後6時からの開店となります。
コメント(0) 

ワインの話しではありませんが!

hage.png

Facebookなど大勢の方々が見る前提での投稿内容と違い、時々ブログサイトではひっそりと違う話題でもいいんじゃないかと思い!まずは最近というか数年前位から、床屋さんに行くと料金をまけてくれるようになりました、自分より早めに来ている客より、後から来た自分の方が早めに済んでしまう状況に床屋さんも思わず安く言ってしまわれるのか、もしくは作業工程が簡単からなのか・・・しかし隣りの客が気持ち良さそうに散髪しているのを横目で見ながら、このリラクゼーションの時間を少しでも楽しみたいのに完璧に作業が完了している自分の頭!遠い昔が懐かしいー。
コメント(0) 

ワインギフトショップにて新春「福袋」発売中!

IMG_3632.JPG


今年よりワインギフトショップにて「福袋」1万円込 を発売しております。
中身はリーデル製ワイングラス2脚、ワイン1本、グラス拭き(バーで使用している優れ物)
ワイングッズ、イタリアマンチーニ社のパスタ など多少袋により中身が違いますが
男性、女性、ワインの好みなどお伺いしてから詰めております。
予約販売も承っておりますので、気軽にお問い合わせください。

Wine Gift Tanaka
[電話]096-245-7683
コメント(0) 

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!年越しはワイン三昧で過ごすことが出来ました。
今年もよろしくお願いします。

ishii.jpg


IMG_3625.JPG


26237729_1638142766278946_1454202063_o.jpg

コメント(0) 
前の10件 | -